「テロと戦った国民的英雄、
故ガーセム・ソレイマーニー大将」
WEB展覧会


美しいイラン・ウェブ写真展



 

フォトガラリー
  • ヒジュラ太陽暦1400年ノウルーズ・イラン伝統音楽祭
     

  • ヤルダーナイト97
     

  • 【革命後のイラン】講演の写真
     

  • イラン革命記念日に因んだ国民の全国的な行進イベントの写真集



  Print        Send to Friend

聖サルキス大聖堂

テヘランの中心キャリームハーネ・ザンド通りと、かつて日本航空のオフィスがあった頃ヴィーラー通りと呼ばれていたオスタード・ネジャート・エラーヒー通りの角地に円錐形のドームとミナレットが特徴的な聖サルキス大聖堂Kelīsā-ye Saint Sarkīsがあります。

この大聖堂は、テヘランの中心部におけるアルメニア人の存在を示す主要なシンボルのひとつです。

1970年に建てられたこの大聖堂は、テヘランの中世と現代の建築が融合しています。

今日も、イランのアルメニア人たちはここに集い、様々な宗教儀式を行っています。それは、キリスト教の古い歴史と文化に根ざしています。


22:20 - 30/08/2021    /    Number : 773265    /    Show Count : 57


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close




Visitors` Statistics
 Visitors of page : 92992 | Visitors of day : 48 | Visitors sum : 252101 | Online visitors : 1 | Page load : 1.4721