「テロと戦った国民的英雄、
故ガーセム・ソレイマーニー大将」
WEB展覧会


美しいイラン・ウェブ写真展



 

フォトガラリー
  • ヒジュラ太陽暦1400年ノウルーズ・イラン伝統音楽祭
     

  • ヤルダーナイト97
     

  • 【革命後のイラン】講演の写真
     

  • イラン革命記念日に因んだ国民の全国的な行進イベントの写真集



  Print        Send to Friend

ハール・トゥーラーン

ハール・トゥーラーン Khār Tūrān国立公園またはトゥーラン野生生物保護区は、セムナーン州シャーフルードにある、イランで2番目に大きな生物圏保護区です。イランでは「小アフリカ」と呼ばれています。 

 

この地域の自然と、イランのこの地域の動植物の多様性を含む生物多様性は、貴重な遺伝資源となっています。1972年に、イラン環境庁管理下の保護区として認められ、1976年にトゥーラン地区がユネスコ生物圏保護区に認定されました。 

 

ここで、この保護区に生息する珍しい動物を紹介します。 

ハール・トゥーラーンには、現在イランにのみ生存する絶滅危惧種アジアチーターの最大個体群のひとつが存在し、エリア内に、12~15頭ほどの生息が確認されています。アーガーマーイェ・チャーボクĀgāmā-ye chābokは、アガマ科のトカゲで体長は17cm程度になります。 

 

カラカルは、ネコ科カラカル属に分類され、体長は55〜90cmになります。砂漠地帯に生息していますが、極度に乾燥した地域には見られません。逆にこの乾燥地域で見られるのが、ペルシア語でゴルベ・マールGorbeh-mār(「ネコヘビ」の意)と呼ばれるナミヘビの仲間になります。キャブクKabkはヤマウズラの一種です。体高22~25cmで、乾燥した開けた場所に生息し、丘の上で観察されることが多い鳥です。 

 

グールハレ・イーラーニー Gūrkhar-e Īrānīは、アジアノロバの一種で傾斜地のステップに生息し、ハール・トゥーラーン保護区に最大の集団が確認されています。 


10:09 - 16/08/2021    /    Number : 773044    /    Show Count : 72


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close




Visitors` Statistics
 Visitors of page : 92973 | Visitors of day : 256 | Visitors sum : 252048 | Online visitors : 1 | Page load : 1.3641