「テロと戦った国民的英雄、
故ガーセム・ソレイマーニー大将」
WEB展覧会


美しいイラン・ウェブ写真展



 

フォトガラリー
  • ヒジュラ太陽暦1400年ノウルーズ・イラン伝統音楽祭
     

  • ヤルダーナイト97
     

  • 【革命後のイラン】講演の写真
     

  • イラン革命記念日に因んだ国民の全国的な行進イベントの写真集



  Print        Send to Friend

オスタード・シャーゲルド・マスジド(モスク)

現在タブリーズ市にあるオスタード・シャーゲルド・マスジド(モスク)Masjed-e Ostād (va) Shāgerdは、8世紀にこの都市に建てられたもので、過去に何度か改修を受け、近年、東アーザルバーイジャーン文化遺産局によって再建されました。‌

 

オスタード・シャーゲルドはペルシア語で「師弟」を意味します。このマスジドの碑文を書いた書家のアブドゥッラー・サイラフィー ‘Abdollāh Ṣayrafīとその弟子に由来します。

マスジド中庭には、小さなイーワーン(ペルシア語ではイーヴァーン)があります。また、美しいドームを持つ、夜の礼拝用のシャベスターンがあります。


11:58 - 11/08/2021    /    Number : 771935    /    Show Count : 86


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close




Visitors` Statistics
 Visitors of page : 92974 | Visitors of day : 260 | Visitors sum : 252052 | Online visitors : 3 | Page load : 1.3580