http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」
バーチャル学術会議「パレスチナと人権」
世界クドゥスの日バーチャル会議


  Print        Send to Friend

イマーム・レザーの祝福

7月2日(ヒジュラ暦11月11日)は、預言者モハンマドの正統後継者イマーム・レザーの祝福された生誕記念日になります。
イマーム・レザーの霊廟には、毎年3,000万人が訪れ、マシュハドを世界最大の巡礼地のひとつとしています。イランの北東、ホラーサーネ・ラザヴィー州にある、この国で最も聖なる地である「マシュハドMashhad مشهد」は、「イマームの霊廟がある場所」を意味する言葉でもあります。

彼は徳のある識者・学者として有名で、すべてのイスラーム教徒にとって最も有能な指導者でした。
年代記者によれば、イマーム・レザーは、夏には敷物の上に、冬には荒布の上に座っていたとされています。また粗末な服を着ること良しとしていましたが、人に会いに出かけるときは上質な服に着替えていました。貧困者、奴隷、使用人に対しても敬意をもって接しており、彼の言葉は深い感銘を与えました。自身も含め人々に信心深さが何よりも大切なものと説きました。


22:20 - 3/07/2020    /    Number : 753465    /    Show Count : 110


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close