http://tokyo.icro.ir/

トップニュース
「サッダーム・フセインの侵略に対するイラン国民の防衛」が開催されます。
現代イランの家族について─家族保護法から
第三回東京イラン映画祭2020開催
「ホメイニー師の人物と立場」
バーチャル学術会議「パレスチナと人権」
世界クドゥスの日バーチャル会議


  Print        Send to Friend

インドの遺跡におけるペルシア語の碑文

『インドの遺跡におけるペルシア語の碑文 』とは、アリー・アスガル・ヘクマテ・シーラーズィー博士によるペルシア語の書籍で、1906年および1908年に発行された。インドの歴史的遺跡で発見された80を超えるペルシア語の碑文のテキストが掲載されており、その遺跡の多くは現在、 国の遺産として指定されたり、ユネスコ世界遺産に登録されたりしている。 インドの遺跡からの200の碑文を追加した最新版がペルシア語で出版され、 英語版も印刷中である。

 

 

インドの遺跡におけるペルシア語の碑文
著者 ヘクマット・シーラーズィー大臣、モハンマド・アジャム博士

インドの遺跡におけるペルシア語の碑文 epigraphical

Cover page for

原題 نقش پارسی بر احجار هند
仮題 インドの遺跡におけるペルシア語の碑文
Dr.Ajam
カバーデザイン Dr.Ajam
言語 Persian -English
題材 インドの遺跡におけるペルシア語の碑文
出版日 1956-1958-2013
出版社 テヘラン大学、Novida(ニューデリー)
文章 [[wikisource:Parssea [1]|インドの遺跡におけるペルシア語の碑文]] - Wikisource

詳細については、こちらをお読みください。


18:39 - 20/06/2020    /    Number : 752828    /    Show Count : 176


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close