http://ja.tokyo.icro.ir/

トップニュース
2019年9月開講「ペルシア語講座」のお知らせ
『美がつなぐ4700マイル』公開
「パレスチナと忘れられた難民の苦難」講演会のご案内
2019年5月開講「ペルシア語講座」のお知らせ
ノウルーズ-元旦イラン伝統音楽祭
イラン革命40周年記念「ドキュメンタリー映画『自由のために』研究上映会」


  Print        Send to Friend

イラン人のライフスタイル; 果物の買い方

1  メイダーネ・ミーヴェ・オ・タレバール(青 果市場):イランの都市には中央青果市 場と区域の青果市場がある。中央青果市 場は生産者が出荷した青果を、業者が仕 入れる場所である。業者が仕入れた果物 や野菜が、区域の青果市場や青果店など の小売業者の手を経て消費者の手に届 くのが、イランの一般的な流通形態であ る。

2 青果店:青果店は都心でも住宅地のあち こちにある。野菜でも果物でも旬の物だ けが店頭に並んで売られる。

3 アージール屋:乾燥果物とナッツ類のミ ックスをペルシャ語でアージールという。 アージール屋は、アージールを主に扱う お店で都心でもあちこちにある。

4 スイカ、メロンなどの果物をトラックに載 せて小売りする方法もある。

5 果物のオンラインショップ

イランでは、個数ではなく大抵重量で値段が決 まっており、例えばイチゴ1キロ8万リアルなど のように量り売りされる。自分の好きな分量だ け買うことができる。果物屋やアージール屋な どに行くと果物などを薄いビニールの袋に入 れる。袋に入れた果物の重さに応じて値段が 決まる。


11:09 - 03/07/2019    /    Number : 732376    /    Show Count : 41


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close