http://ja.tokyo.icro.ir/

トップニュース
2019年9月開講「ペルシア語講座」のお知らせ
『美がつなぐ4700マイル』公開
「パレスチナと忘れられた難民の苦難」講演会のご案内
2019年5月開講「ペルシア語講座」のお知らせ
ノウルーズ-元旦イラン伝統音楽祭
イラン革命40周年記念「ドキュメンタリー映画『自由のために』研究上映会」


  Print        Send to Friend

国立国会図書館国際子ども図書館「詩と伝説の国―イランの子どもの本」展示会関連イベント

「いま、イランの子どもの本は?」講演会6月16日(日)開催のご案内(要参加登録)

上野の国立国会図書館国際子ども図書館では、2019年3月5日から7月21日まで開催の展示会関連イベントとして、「いま、イランの子どもの本は?」をテーマに、講師として愛甲恵子氏と片桐早織氏のお二人を招き、イランの児童書の魅力を紹介する講演会を2019年6月16日(日)開催する予定です。


国立国会図書館国際子ども図書館の発表によると、以下のような案内となっております。

「国立国会図書館国際子ども図書館では、世界各国の児童書の持つ魅力を広く紹介するため、一般社団法人日本ペンクラブとの共催で、「シリーズ・いま、世界の子どもの本は?」と題するイベントを開催しています。

シリーズ第12回は、2019年3月5日から7月21日まで開催している展示会「詩と伝説の国―イランの子どもの本」の関連イベントとして、「いま、イランの子どもの本は?」をテーマに、イランの児童書の魅力を紹介する講演会を開催します。

イランの子どもの本は、人々の心に深く根付いた詩の伝統に裏付けられており、詩に絵を付けた絵本や、詩人が文章を手がけた絵本などが多く見られます。また、イランでは絵本画家の活躍が目覚ましく、国際アンデルセン賞のような、国際的な賞を受賞した画家を輩出していることもその特徴です。

この講演会では、翻訳家である愛甲恵子氏と片桐早織氏を講師に招き、イランの子どもの本とともに、子どもの本をとりまく状況についてもご紹介します。」

本公演は先着100名の申し込み制となっておりますので、ご興味のある方は、こちらのフォームからお申込みください。


12:55 - 26/05/2019    /    Number : 730838    /    Show Count : 162


Rating
Users Comment
No Comment for this news
Your Comment
Name :
E-mail : 
*Comments :
Captcha:
 

Close